Translate

2014年11月20日木曜日

トランスに対位法は必要か2

やっと、今の自分なりの答えが出せました!
「トランスに対位法は必要か」
その安定した協和音程、「旋律の絡み合い」を表現したければ、対位法を使えば良いし、安定しなくてもいいから自分の思うように、イメージした通りにやりたい、ならそれで良いと思います。
要するに、楽しめば良い、自由です!

もう少し、例えばホラー音楽は不協和音が逆に雰囲気を出すように、トランスも対位法に従わなくても雰囲気が出る、ということだと思います。
ただ、トランスだからこうしなきゃダメ、ということはないので、要するに前途のように自由だと思います。

Finally, I found out the answer for this that "is counterpoint needed for Trance??".
If you want to represent the two intertwined Melodies, you only have to use the counterpoint.
And If you want to represent as you like , and you want to represent as your own images abandon the stability that's all right.
In short, Just have fun! It's free;)

A bit more, as horror music can play the atmosphere, Trance music is also can play it without counterpoint.
But there is no rule that must be kept for all the music.
So it's free as I said before.

0 件のコメント:

コメントを投稿