Translate

2015年11月6日金曜日

Voxengo MSEDを使って、無料でMS処理!! MS processing free by Voxengo "MSED"!!

こんにちは!
Hello guys!

この度無料のプラグインで簡単にMS処理する方法を見つけましたので、紹介させていただきます。
This time, I had found the free, easy way of MS processing, so I will tell you it.
Voxengo MSEDというプラグインです。
The plugin is this. Voxengo MSED
無料でダウンロードできます!
You can download for free!

では早速。
MS処理したいオーディオを読み込んだら、"Mid"という名前のステレオバスを追加します。
Firstly, after import the audio file you want to do MS processing, add the stereo bus named "Mid".
そして、MSEDをエンコードにして、Midのバスに挿入します。
Then insert MSED selected the "ENCODE" in the "Mid" bus.
MSEDのSIDEをミュートにします。
Mute the SIDE of MSED.
次に、"Side"という名前のステレオバスを追加します。
Next, add the new stereo bus named "Side".
MSEDを挿入して、これも"Encode"を選択します。
Insert the MSED selected "Encode" in the "Side" bus.
MSEDのMIDをミュートにします。
Mute the MID of MSED.
オーディオトラックのアウトプットを"Mid"に指定します。
Select the audio track's output "Mid".
次に、センドの挿入で"Side"を選びます。
Next, select "Side" by insert the send.
これで、オーディオトラックをミドルとサイドに分け、別々に処理できるようになりました。
Then, you can edit the audio track separately middle & side.
Sideの音量が低いと思うので、コンプレッサーを使って音量を上げます。
You will notice the level of the "Side" is low. So boost the level by using compressor.
今回はSuper Chargerを使ってみました。
This time I had used "Super Charger".
このコンプレッサーは他のものでもかまいません。
You can any other compressors too.
最後に、マスタートラックにMSEDを挿入し、デコードを選択します。
Lastly insert the MSED in Master and select the "DECODE".
これで完了です!(*´▽`*)ノ゛
このやり方の醍醐味は、サイドとミドルの処理を、どんなプラグインでも行えることです!
It had finished!:D
By this way, you can edit the "Side" & "Middle" by any plugins.
是非試してみてください!
Please try if you liked.
ではまた!
See you again!

0 件のコメント:

コメントを投稿