Translate

2014年2月11日火曜日

SONARでMS処理

こんばんは~。

最近市販のDAWを購入し、MS処理という工程を知りました。
ですが、なぜかネットにはSONARでMS処理する方法が書かれたサイトがなかったので、
この度書くことにしました。

では早速。
私の使用しているSONAR X2 PRODUCERを使って説明させていただきます。

1.まず、MS処理をしたいオーディオファイルをSONARに読み込みます。


2.次に、左少し上の「トラック」をクリックし、「トラックにバウンス」をクリックします。


3.「トラックにバウンス」のウィンドウが表示されますので、右の「チャンネルフォーマット」から、「スプリットモノ」を選び、「OK」をクリックします。


これで、2トラック目に左側の音、3トラック目に右側の音が追加されます。パンがそれぞれ左と右に振られていることがお分かりいただけるかと思います。


4.適当に、2トラック目の左側の音を英小文字の「l」、右側の音を「r」にします。


5.2mixをモノラルでも抽出するため、1トラックを、ソロにします。


6.「トラック」をクリックし、「トラックにバウンス」をクリックします。


7.今度は「チャンネルフォーマット」から、「モノ」を選び、「OK」をクリックします。


これで、4トラック目にセンターの音の、モノラルが追加されます。


8.このセンターの音のトラック名を、適当に大文字の「C」にします。


9.次に、3トラック目の「r」の波形を反転させます。右にあるブラウザから「Channel Tools」を選び、「r」のトラックへ挿入してください。


10.「Chanel Tools」のウィンドウが開きますので、そのウィンドウの左上にある「L」をクリックし、点灯させてください。これで「r」の波形が反転されます。


11.次に、2トラック目と3トラック目をソロにします。


12.「トラック」をクリックし、「トラックにバウンス」をクリックします。


13.「チャンネルフォーマット」から、「モノ」を選び、「OK」をクリックします。


これで5トラック目に「l」と、「r」のミックスされたモノラルサウンドが追加されます。


14.この5トラック目のトラック名を、適当に「L」にします。


15.このトラックを複製します。「L」のトラックを右クリックし、「トラックの複製」をクリックします。


「トラックの複製」のウィンドウが開きますのでそのまま「OK」をクリックします。


これで、6トラック目に「L」の複製が追加されます。


16.複製された6トラック目のトラック名を、適当に「R」にします。


17.そして、この「R」のトラックも反転させます。先ほどと同じ要領で、「R」のトラックに、「Channel Tools」を挿入してください。


18.「Channel Tools」のウィンドウが開いたら、左上の「L」をクリックし、点灯させてください。


19.そして、5トラックの「L」を左に、6トラックの「R」を右にパンを振ってください。


20.最後に、4トラックの「C」、5トラックの「L」、6トラックの「R」をソロにし、この3トラックのみを音が出るようにすれば、完了です!


あとはレフトと、ライトのサイドの音と、センターの音のバランスを調整したり、サイドにコンプレッサーをかけるなどすれば良いと思います。

それ以外のことはまだ良くわかっていません^^;

では、最後までご購読いただきありがとうございました!

ではでは~。

0 件のコメント:

コメントを投稿