Translate

2013年12月5日木曜日

個人的使えるおすすめVSTi集

こんばんは~。

ええっと、メモですw

今回は個人的に使えると思うお気に入りのおすすめVSTを、厳選して紹介させていただこうと思います。
僕はほぼトランスばかり作るので、そっち系のVSTが多くなりますがご勘弁くださいm(_ _)m

では挙げてきます。

TAL-NoizeMaker

アナログシンセ。
これ、個人的に1番使っている無料VSTiです。
何か音に困ったら、とりあえずこいつを最初に試します。
多種の音が出るのですが、どの音もクオリティが高く、太く、使えます。


TAL-BassLine

これもTAL。
アナログシンセ。
最初はたいした事無いかな・・・と思っていたのですが、試しに曲に投入してみたら、凄いフィットしました。
音に存在感があり、アナログらしい図太さがあります。

TAL-Elek7ro

もう1つTALから。
これもアナログシンセです。
物凄くマニアックなエレクトリックサウンドですが、個人的にたまらないですw
ただ、まだ余り使ったことが無く、いつも使おう使おうと思っていながら忘れてしまうやつ・・・(´・ω・`)
かなり良い味出してると思います。
今作っているトランスには使ってみるかもw

Zebra2

これ、無料ですwww
なんでこれが無料なんだ~~と言うくらい凄いです。
使ってみれば分かりますw
音色も盛りだくさんで、どれもプロ並みの音質、クオリティで、目移りならぬ耳移りしてしまいますw
もう1度言います。なんで無料なんだ~~~!!!www

Analog Nexus

アナログシンセ。
ちょっと個性的な音なんですが、芯の通った図太い音です。
ベース系が特に良いかな~とも思うのですが、もちろんどの音も使えると思います。
動作も軽く、使い勝手も宜しいかと。

TuneFish

アナログシンセ。
個人的にかなり気に入っていて、毎回、ほぼ必ず使います。
他には無い音も出るし、存在感が半端ないです。何気にリズム系の音も良いですw

Impulse

これ、使っている人余りいらっしゃらないかと思いますが、めっちゃ良いですw
その名の通り、インパクトのある、でも個性のあるちょっとマニアックな感じのアナログシンセです。
使ってみれば分かると思いますwなんか全体的に音が物足りないな、と思ったときに、使ってみるのも良いかもしれません。

SUPERWAVE P8

言わずと知れたアナログシンセ。
本当、迫力のある良いサウンドですね。
ただ、プリセットがちょっと少ないかな~と個人的に思ってます。
その点さえクリアすれば、無料のアナログシンセとしては100点でしょう。
今製作中のトランスにも導入予定です。

Independence Free

これも皆様良くご存知かと思います。
個人的には余り好みではないサンプリング音源なのですが(重いし、音を作る自由度が無くなるからw)、音質は最上級です。
これは無料版ですが、結構色々な音源があります。
特に生音系は有料音源並みの音質なので、ダウンロードしておくべきでしょう。

DSK Virtuoso

最後に、クラシカル系な音源。
6種類のレイヤーを重ねることが出来ます。
全てを同じ音源にしてもOKです。それにより、非常に重厚な音作りが可能です。
個人的に、コントラバスのピッチカートの音源が無いので、それに良く使ったりします。

以上、こんなもんですかねw
いやいや、まだまだ良いプラグインはたくさんあるので、もっと情報が欲しい!という方は、是非僕のホームページの、おすすめVSTi紹介ページをご覧くださいませ。
やらしいですが、リンク貼っときますww↓

では、この辺で~

0 件のコメント:

コメントを投稿