Translate

2013年12月2日月曜日

SONARのプロジェクトをセーフモードで立ち上げる

こんばんは~。

またちょっとメモっておきたい事を。

この前SONARで、Sample Tank 2 XL がエラーになってしまい、それが原因で再生が出来なくなってしまうことが分かりましたが、それをどうやって見つけたか。

簡単ですw
プロジェクトをセーフモードで立ち上げればいいだけです。
どうやるか。メニューから”開く”をクリックし、開きたいプロジェクトを選択し、Shiftキーを押しながら”開く”をクリックすると、1つ1つこの音源を読み込みますか?
というメッセージが表示されるので、例えばSONAR付属の音源以外の音源が原因かな・・と思ったらSONAR以外の音源を読み込まないようにします。
で、もしそれで再生することが出来たらSONAR付属の音源は問題ない、ということですね。
あとは、それを繰り返し、音源を絞っていくだけです。

以上、終わり~w
さすがに短すぎるか・・・。。。

じゃ、1つ、Acces VIRUS TI 2 のちょっとしたことを。
VIRUSのVSTiは、バウンス、フリーズ、ミックスダウンする際に、”高速でバウンス”は出来ません。
その際は、”高速でバウンス”のチェックを外しましょう。
ちょい面倒ですが、オーディオ化したいトラックが再生し終わるまで待たないといけません。

例えばあるトラックのあるパターン?をフリーズさせたい場合、そのパターンを曲の最初のところにコピーして、
フリーズし、そのパターンだけが再生し終わったら、そこでフリーズを中断させ、オーディオデータを残せば、パターンのところまで再生時間が経つのを待つ必要はなくなります。

以上、今回はこんなもんで。

0 件のコメント:

コメントを投稿